<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

<thankyou!!!>「Steady」 vol.10 at 三軒茶屋Chrome

10回目を迎えた、Steadyという熱くてメロウでハッピーなイベントに出させていただきました。

主催者のクラモチさんとは友達を介して2年程前に知り合い、
イベントをやってるんでよかったら遊びに来なよとお誘いを受け
三軒茶屋のChromeへ遊びに行き、DJの人がみんな個性がばらばらなのに仲が良くて
男子校の軽音部を見学に行ったような感じでした。

DJみんなが愛し合っていて、それを見てお客さんが集ってきて
知らない人同士が分け隔てなく話をしていて、それもこれもみんなレギュラー陣の功績だと思いました。
20回、30回とSteadyが続いていきますように。

阿佐ヶ谷の友達、渋谷のクラブ Edge Endでお友達になった先生、
体調が悪いのに駆けつけてくれたカメラマンDJ、
ケーキを作ってきてくれたゆかりちゃん、いつも甘やかされている背の高いメガネの人、
飲む約束をしたついこないだ友達になった女の子、声楽のお仕事が終わってから来てくれたyukaちゃん、
言葉に表せない位大好きなFloor Extraのikkoさん、
劇団のことを話して聞かせてくれた彼女、
そしてChromeでいつも会っている友達
ありがとう。


今回は人のイベントだというのに好き勝手やらせてもらい、甘い曲ばかりかけました。
DJのみんなにはいつもお世話になりっぱなしです。
結婚したばかりのゆうこん、恋愛話をすると止まらないうらけん、
新婚旅行にはフィンランドがおすすめのめっすぃん、いつも横で踊ってくれるシャーリー、
そして主催者のみんなに愛されているクラモチさん、
みんなありがとう。

1.はクラモチさんに、2.はゆうこんに。
セットリストです。

19:30-20:15

1.君が生まれたその喜びを今夜僕らは歌にしよう/風味堂
2.結婚しよう/曽我部恵一BAND
3.君の街まで/ASIAN KUNG-FU GENERATION
4.I Love You/サンボマスター
5.恋するフレミング/キャプテンストライダム
6.アンセム/アナログフィッシュ
7.Sweet&Still/riddim saunter
8.CITY LIGHTS/andymori
9.つぐみ/spitz
10.Ta.DA.I.KI/PLATON
11.KISS/monobright

BtoB

Sunday People/supercar
Standing There-いま、そこに行くよ-/bonobos
[PR]
by telephonelove | 2010-09-24 01:17 | EVENT

<本日開催!>「Steady」 at 三軒茶屋Chrome

音楽は魔法で、一番近くにある味方。

☆☆☆

Steady Vol.10

2010/09/23(Thu Holiday!)
17:00~22:00
1,500/1D
at 三軒茶屋chrome
http://chrome.shine.jp/shopd.html

guest!
wallflower(Floor Extra/Re:Supercar Style)

mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=3044849

☆Timetable

17:00~17:15 Open
17:15~18:00 ゆうこん
18:00~18:45 メッすぃん
18:45~19:30 クラモチ
19:30~20:15 wallflower
20:15~21:00 舍利
21:00~21:45 うらけん
21:45~22:00 B2B


三軒茶屋Chromeで行われているハッピーでメロウで暖かいイベント、Steady。
10回目のアニバーサリーとなる今回、ゲストで出させていただくことになりました。

主催者のクラモチタロウさんは2年前に友達を介して知り合い、素晴らしいフリーペーパーを発行したり
レコード屋をやったりパワフルで本当にすごい人です。

SteadyのレギュラーDJ、ゆうこんは現在拠点が大阪となり
今回を機にしばらくDJイベントという場では会えなくなるかもしれません。


幸せな週末に向かう祝日の木曜日の夜、ぜひフラリと遊びに来てください。
ハッピーな気分になることを保証します!

お酒片手にお待ちしています!!


b0009206_813568.jpg

[PR]
by telephonelove | 2010-09-22 08:14 | EVENT

<夏旅5>Stockholm→Gamla stan→Stockholm

船で朝9時にスウェーデンはストックホルムの港に着き、そこから地下鉄に乗って市内に出ることに。

地下鉄の駅は一駅一駅天井に絵が描いてあったりアートがあったりする。
それぞれコンセプトがあるらしい。これはTekniska hogskolanという駅。

b0009206_14311481.jpg


地下鉄に乗り、荷物を置きに本日のホテルBirger Jarl(ビリエル ヤール)へ。
地図に道が1本足りず、小一時間さまよう。道に停まっていたタクシーの運転手さんに道を聞いてなんとか到着。

ビリエルヤールは北欧デザインのファブリックや家具で統一されていてとてもオサレ。
素敵DJのモーリィちゃんに教えてもらい今夜の宿に決定。

廊下が紫!

b0009206_14365890.jpg


部屋は紫が基調。テーマはyouthful charm。
部屋ごとによってテーマと内装が変わるらしい。他の部屋も見てみたかった。

b0009206_14463764.jpg


テーブルとか波波でいいね。

b0009206_1447618.jpg


起こさないでねの札も愛嬌がある。

b0009206_1448547.jpg


大学生の時から一人旅に出るようになって、初めての旅行にお伴に連れて行って以来の相方イグアナのイギー。
連れていくと無事に帰れるというジンクスがあって、今まで旅で無事故だったのも一緒にいるおかげかなと信じている。

b0009206_14582588.jpg


ホテルを出て、今日はスウェーデンの旧市街ガムラスタンへ。
ガムラスタンは「魔女の宅急便」のモデルになったと言われている場所で、狭い路地にはお店が立ち並び
ストックホルム一古い教会や王宮がある。

地下鉄のガムラスタン駅を降りるとすぐにお店がある道に出る。観光客でいっぱい。

b0009206_16123850.jpg


そのまま道沿いに散歩。建物は大きくて威厳がある。

b0009206_16132939.jpg


道には大道芸の人やギター弾きのお姉さんがいて子どもと遊んでいる。ミツバチ発見。

b0009206_16141215.jpg


歩いていたら夕ごはんの時間になったので、少し早いけれど食事をしに古いレストランへ入る。
大聖堂の裏の落ち着いたレストラン。
お目当てはトナカイ肉!
一昨日サンタ村へ行ったばかりなのにサンタさんの大事な相棒をこれから食べます。

b0009206_16213643.jpg


強いて言うなら鹿肉に近い。とてもおいしい。ソースもおいしい。パンもつけ合わせのポテトのキッシュもおいしい。

ショーケースにはケーキがズラーと並んでいたけれど、お店がひしめいてる通りの
チョコレートがおいしそうだったので甘いものは頼まないで日記を書く。
店内は落ち着いていて年配の方が多い。

b0009206_16303762.jpg


のんびりして、紅茶のお代わりは無料だからどうぞーと笑顔のお姉さんに言われさらにのんびり。
おなかもいっぱいになったので観光のつづきをする。

夜は7時、まだ外は明るい。細い路地を色々な人が散歩している。

b0009206_20285583.jpg


生きている植物を使ったお店の芸術的なディスプレイ。

b0009206_20295093.jpg


夜8時、日が少し暮れて幻想的な景色になる。
広場にはベンチに休む人、飲みに繰り出す人さまざま。

b0009206_2030343.jpg


北欧のデザイナ商品ばかりを扱うお店を発見。

b0009206_0583779.jpg


お店のお姉さんが「日本のガイドブックにこのお店が出てるって教えてもらったんだけど
日本語が読めないからどういうことが書いてあるかわからないんです。もしよかったら読んでもらえますか?」
と言われて、地球の歩き方を見たらたしかにそのお店が載っていた。
北欧デザイナの商品が沢山あってアクセサリーが特におすすめって書いてありますと伝えたらうなずいて
北欧のものを使われて作られているアクセサリーの説明をしてくれた。

ここで旅一番の危機発生!
閉店間際のチョコレート屋さんへ行き、チョコレートを選んでいたら
どれでも試食していいよ、とのことなので一つチョイス。めちゃくちゃおいしい。

b0009206_233647.jpg


ここまではよかったのだけど、店長に「もうお店も閉める時間だからワインをあけよう!せっかく日本から来たのだから
乾杯だ!」と言われ相手がおじさんだったのとお店の前は人通りが激しい所だったので大丈夫だろうと思い
ワインをもらうことに。
奥からニシンやバゲットを出してきてくれてお相伴に預かっていたら「ロシア出身なんだ、
ウォッカ飲みなよ」と言われ、この辺りからあやしさが増してくる。
そしたらお店の入り口のドアを「間違ってお客さんが入ってきたら困るから」と言いつつ鍵をかけられ
間接照明だけになったのでこれはやばいと思い、相手を刺激しないよう説得モードに。
「ご厚意にはとても感謝しているけれど、家族に電話をしないといけないのでもう行かなきゃ」
と言うと、泊まればいいさ!ホテルにこれから行って荷物を持ってきてうちに行こう!俺は独身だから何の問題もないよ!
きみにもし恋人か夫がいても黙っていれば大丈夫さ!
と言われたので10分ほど押し問答の末、そんな気はないとはっきり伝え鍵を開けられ無事脱出。

ガムラスタンのLisaというチョコレート屋さんのロシア人店主には気をつけて!

b0009206_09165.jpg


おじさんだと思って油断した。完全にこちらの落ち度だけど、こんなおいしいチョコレート売ってるのに
なんだそりゃ!と思い途中コンビニエンスストアでチェコビールを購入し鬼のような形相で地下鉄に乗ったところ
電車に乗っていた地元ヤンキーがあまりにすごい顔をしていたからか一瞬ビクっとする。

ホテルに戻ってチェコビール。と本日2回目のGeishaチョコレート。

b0009206_06993.jpg


ビールを飲みながら、とりあえず無事でよかったけれど、北欧の人はみんな良い人だったので油断したのと
おじさんでもまだまだ現役だということを肝に銘じた夜でした。


一夜明け、朝ごはんはどこでもがっつり。
パンの種類が豊富で楽しい。

b0009206_019276.jpg


スウェーデンよさらば、スカンジナビア航空でお隣の国ノルウェーへ行くよ。

b0009206_0204222.jpg


次の国、ノルウェーまで1時間!
[PR]
by telephonelove | 2010-09-19 00:25 | JORNEY

<夏旅4>Helsinki→Stockholm(SILIA LINE)

フィンランドはヘルシンキの港からお隣の国スウェーデンを目指しいざ乗船。

大きい!広い!きれい!お店が沢山!船室の数がハンパない。

b0009206_1774744.jpg


ズラーっと船室が連なっている。イメージキャラクターはムーミン。
フィンランドではムーミンはMoomi。ムーミムーミと小さい子が言っていてキュンとする。

b0009206_1710490.jpg


部屋の前方下がバー。後で行くことを決意。

b0009206_17183014.jpg


船はとても大きくて安定感があり、お天気も良かったので揺れもほとんど感じない。
女性のみの4人相部屋で、部屋に着いてからしばらくして同室の女性登場。
どうやらその後誰も来ないので、4人部屋を2人で使うよう。
娘2人と息子1人を持つお母さん。お母さんとは思えないほどきれいで若い。
彼女はさっそうと現れ夜中までぶらぶらしていると思うから、またねーと言ってさっそうと出て行った。

船が広すぎてどこから探検すればいいのかわからないので、とりあえずバーへ。
見事にダンディーなおじさん(のみすけ)ばかりでビールを買ってデッキへ。
Lapin Kulta(ラピン クルタ)というフィンランドビールを購入。

大海原にカンパイ!

b0009206_17422755.jpg


ストールをぐるぐる巻いて風を浴びながらビールを飲む。
北欧は物価が高くてアルコールをほとんど飲んでいなかったため、1杯で簡単に酔っぱらう。

この時点でかなり酔っぱらっている。ものすごい輝いている夕暮れ。

b0009206_1513370.jpg


この時初めて自分に感謝した。
働いていた自分がここに連れてきてくれたんだということをはっきり実感した。
仕事をしていて大変なことなんか挙げればきりがなかったけれど、生きていて良かったと心底思った。

船内に戻ったら大道芸がやっている。船の中なのに大道芸て!スーパー客船。

b0009206_2105783.jpg


ものすごくお腹が空きレストランへ。
ユーロが余っていたので奮発してステーキを食べる。がっつり。

b0009206_2132921.jpg


そのまま部屋に戻ってバタン。同室の女性が帰ってきた気配で飛び起きる。
洋服も着替えないでダウンしていたので着替えるだけ着替えて就寝。


翌朝早くに目が覚めて、ガイドブックや手帳を見ていたら同室の女性も起床。
なんと彼女は今日がお誕生日!何かプレゼントはないかと探して和紙でできたアドレス帳があるのを思い出す。
プレゼントだよと言ったら彼女は日本の紙見るの初めて!と言ってとても喜んでハグしてくれた。
23歳の娘さんがこないだ結婚されたとのことで、家族写真を見せてもらう。
彼女によく似ていてものすごく美人で、並んで写っている写真は姉妹と言ってもわからないくらいだった。

朝ごはんを食べるためにレストランがあるフロアへ移動。
朝はもちろんしっかりがっつり。ニシンのオープンサンドとシナモンロール。

b0009206_2185732.jpg


食後のコーヒーを飲んでいたら、同室の彼女がやってきて
「食後はヌガーを食べなきゃね」と言ってチョコレートをくれた。その名前がなんとGeisha!
彼女も大笑いしていた。

b0009206_220080.jpg


彼女は向かい側に座って、夫が教えてくれた今日一番のいいニュースがあるのと話してくれた。
アメリカの新聞が色んな方面から統計を取り、世界で最も豊かな国にフィンランドが選ばれたということだった。
物価は高いけれどね、生活は保障されているし緑が多くていい国よと話していた。
もうじき人口5000人の小さな町にお家が建つらしい。
湖のほとりでサウナ付きの家よ、とても楽しみと話してくれた。

その新聞の豊かさ調査で日本は何位だったんだろう。
日本という国が大好きだけれど、どんなにがんばって働いても東京に家が建てられるだろうか。
ここから豊かさというものについてすごく考えることになる。

館内アナウンスでもうじき船がストックホルムに着きます、と流れて
スーツケースを持って出口へ移動。

こういうの見ると船が沈んで脱出を図るパニック映画を思い出すよね。
ポセイドンとか。

b0009206_229157.jpg


シリヤラインはとても安いのに快適で船内は免税店やバーもあって本当に充実していた。
飛行機で移動するのもいいけれどフィンランド⇔スウェーデンを移動する際はぜひシリヤラインを!
船旅っていうのも旅愁があっていいよね。

ストックホルムの到着時のお天気は雨時々曇り。
快適な船旅をありがとう、そしてまたね。

b0009206_2345669.jpg


さあ、いよいよ二カ国目スウェーデンに入国!
[PR]
by telephonelove | 2010-09-15 02:35 | JORNEY

夏の味

b0009206_1345393.jpg



チンザノを飲みながら週末徒然。

金曜日は友達の結婚式の二次会の打ち合わせで和んだ後、下北沢altotoへ。
友達がフニャフニャになる位甘い曲をかけてくれるというのでビールを飲んでフニャフニャになる準備をする。
レコードをかけながら笑う。耳にしたことがある曲、そして最後の曲はフィッシュマンズ。
週末の夜の始まりに相応しい気持ちいい音楽と空間だった。
その後渋谷のeggmanへ移動。チャットモンチーのアッコちゃん企画のイベントへ。
元BEAT CRUSADERSのクボタさん、プリングミンの高橋さん、the chef cooks meのシモリョウさんがDJ。
アッコちゃん率いるスーパーカーのコピバン、SUPER CAREのライブが観られるということで始まる前から緊張。
しょっぱなからcream soda。なんだか泣きそうになる。
途中テンションが上がりすぎて前の柵で膝を強打。でも痛がってる場合じゃない。
サプライズゲストでコウダイさん登場。なんと演奏された曲はLucky。
コウダイがLuckyを叩く姿をこんな間近で観られる日が来るとは。
胸がいっぱいになった。直視できない。
高校生の自分見てる?
もうなんだか一気に体力を使い切り、でもそこからDJが素敵な音楽をかけてくれたので踊る。
夢を見たような気分のまま電車で帰る。

土曜日は裏CAViTY。夕方に高円寺へ行く。
高円寺駅でオーガナイザのSachieちゃんに遭遇、セブンイレブンでチョコラを投入しいざONEへ。
かわいい女の子達が続々来る。
チャゲアスと広瀬香美を歌うカラオケを開催することを約束。
DJイベントというのは主催する人、DJする人、お客さん、お店の人がいて成り立つものであって
そこにあるもの、いる人が反応しあって心地良さを生み出すのだと思った。
何か一つでも違和感があるとそうは気持ちよくなれない。
CAViTYはレギュラーDJのみんなそれぞれ自由で、でもとても周りをよく見ていて
つかず離れずで本当に心地良かった。
その後高円寺の中華料理屋さんで3人でご飯を食べて帰宅。

日曜日は法事だった。
お寺での法要後、食事をして祖母宅へ。みんなマイペースでよく話すよく笑う。
子馬のような大きさのラブラドールレトリーバと2歳になるいとこの子どもと遊ぶ。
2歳くらいの子どもは一番犬に近い存在だと思う。
祖母がお誕生日間近ということで、ケーキを買出しに。
すいかのショートケーキが信じられないくらいにおいしいとのことで、桃のショートケーキと
すいかのショートケーキを購入して戻る。あっという間に完食。これはホールでいける。
いとこに会社を辞めたなんてお祝いしなきゃと言われて理由を聞いたら
そんな決断ふつうなかなかできないんだからそれはお祝いするべきだよと言われた。
その感覚になんだかとても救われた。
ナイスチョイスなCDを大量に借りて帰途についたら神社でお祭りをやっていた。
明かりにつられて境内へ。ものすごい人!
家に着いたら急激に眠くなりダウン。気付いたら0時だった。
USTで谷啓の声を聞きながらチンザノを1杯だけ飲む。

土曜日も日曜日も暑くて、見上げた空は真っ青で射す光は夏のものとは違ったけれど
夏を満喫したくてまだ少しあがいてみる。
[PR]
by telephonelove | 2010-09-13 04:37 | day

2010/09/11(Sat) 裏CAViTY at 高円寺ONE

のんびりした音楽をかけるというコンセプトの9月の裏CAViTY、まったりナイトでDJをやらせていただきました。

DJのsonocoちゃんがお誕生日ということで、宅録の専用HAPPY BIRTHDAYソングが流れ、
ケーキとお花とたくさんのプレゼントを両手にみんなに囲まれ
sonocoちゃんの普段からの愛されっぷりがよく表れていました。

お誕生日プレゼントの中の一つに「ホレヤスクナール(錠剤)」があり、お相伴にあずかりました。
DJの人達が一段と輝いて見えたのは薬効果?

そんな笑顔がいっぱいで、おだやかな音楽がかかるONEは
置いてあるマンガを思い思いに読んだり、お菓子をつまんだり
お酒を片手に談笑したり、イベントのコンセプトのようにまさにのんびりで
すごく居心地が良かったです。

思い思いなのんびりな曲たちはみんな耳心地が良くて、
座って友達とおしゃべりをしていたら17時から23時まであっという間でした。
初めましてのDJの方たちも多くて面白かったです。

素敵なイベントを企画し続けるSachieちゃん、いつも本当にありがとう!
そしてsonocoちゃん、お誕生日おめでとう。甘いもの食べに行こうね。


セットリストです。
21:20-22:10

1.TA・DA・I・KI/PLATON
2.僕はぬけがらだけおいてきたよ/MCU feat.CHABA
3.赤へ飛び込め/おとぎ話
4.強く儚い者たち/cutman-booche
5.夏の終わりのハーモニー/MOOMIN
6.花火/plane
7.鴨川/前野健太
8.さよならミュージック/the ARROWS
9.スマイル/ホフディラン
10.ばらの花/feat.小田和正
11.よければ一緒に/KAN
[PR]
by telephonelove | 2010-09-12 02:31 | EVENT

<夏旅3>Helsinki→Stockholm

サンタ村があるロヴァニエミから飛行機でヘルシンキへ戻ってきたのは午後7時過ぎだった。
今日の宿は人生初、ユースホステル!

大学生の時に夏休みだけ、日光のユースホステルでアルバイトをしていたことがあった。
ユースホステルという仕組みをそれまで知らなかったのでバイカーやバックパッカーの人が
かわるがわる泊まりに来て色んな話をしてくれるのが本当に楽しかった。
北欧は治安も良いし何も困らないよと言われ、探してみることにした。
街の中心地に程近いユースホステルの女性部屋に空きがあり、スーツケースと共にユースホステルへ。

3階までスーツケースを運ぶよ、うんとこしょ。

b0009206_16385995.jpg


部屋は6人部屋で、半分はドイツ人の女の子。
ドイツ人の女の子はとてもシャイな子とよく話す女の子がいて、とても面白かった。
日本人の女の子がこの部屋にいるよ、と教えてくれて、荷物の片付けをしているうちに
日本人の女の子参上。
ノートPCの無線の設定がおかしくなってしまったらしく、見てみることに。
無事繋がるようになったみたいで一件落着。
トラムの路線図を説明してくれて、買い物のお得な情報も教えてくれた。
気付いたらベッドに倒れたまま就寝。

翌朝シャワーを浴びてユースホステルを早めに出発。
目指すは海沿いのマーケット!
本日も快晴なり。

b0009206_17433988.jpg


かもめさんもなんだかおしゃれ。

b0009206_17452156.jpg


マーケットはカフェやお土産物屋さんがズラーーーっと並んでいる。

b0009206_17594953.jpg


ぶらぶら歩いてカフェテントを通りがかると、「POSSUとコーヒー 4ユーロ」と書かれていて
POSSUってなに?とお店の人に聞いたらドーナッツのことらしい。
中にベリーやいちごのジャムが入っている。甘い。おいしい!

b0009206_1821967.jpg


魚を買いたかったけれど生ものなので我慢。

b0009206_1843583.jpg


この後、広場近くのイッタラへ。
お店の中に入っただけで膝からくだけそうになる。どこを見回してもイッタラ。
買うものが決められない。
小一時間悩み友達のプレゼントや父親へのプレゼントも併せて何点かお買い上げ。
それにしても安い。

そこから地下鉄に乗り、ハカニエミという街へ移動。大きな屋内マーケットがある。

マーケットは地下鉄駅の目の前。いやー空が青い。

b0009206_20455466.jpg


素敵DJのmorrieちゃん情報で、めちゃくちゃおいしいスープ屋さんと素朴なマリメッコが入っているということで
行ってみることに。

ウニッコ柄のワンピースが欲しくなったけれどサイズが大きくて断念。

b0009206_20525886.jpg


素朴なマリメッコは本当に素朴で、ヘルシンキ中央駅近くの都会的なディスプレイとは違い
地元の人がフラリと来て生地を買っていくような気さくな感じだった。
1階の食品売り場の中にあるスープ屋さんでお昼ごはん。
魚介が沢山入ったブイヤベースを食べる。
パンはお代わりし放題。3回位お代わりをする。
もうスープすらお代わりしたいくらいにおいしい。

b0009206_2151754.jpg


素敵な紳士がお魚をお買い上げしていた。

b0009206_223615.jpg


マーケットを堪能した後、はちきれそうなお腹を抱えてヘルシンキ中央駅へ地下鉄で再び移動。
目指すはかもめ食堂にも出てきていたクラシカルな造りの本屋さん、アカデミア書店。
奥が映画でガッチャマンを歌っていたカフェ アアルト。

b0009206_22121261.jpg


こんな本屋が街中にあるなんて心底うらやましい。
日本関連の書籍もいっぱいあって、見ているだけで楽しい。

本屋さん沿いを歩いていたら大好きなアイスクリーム店、BEN&JERRY'S発見。
日本でも一時期セブンイレブンで取り扱っていたけれどいつのまにかなくなっていた。
出会った時が食べ時ということでお店へ。トロピカルなアイスを購入。
おいしい!

b0009206_2216719.jpg


元気になったところで、ユースホステルにトランクをピックアップに。
今日はヘルシンキからお隣の国スウェーデンの首都ストックホルムまで船で移動する。
シリヤラインという船は豪華客船として知られていて、船室の種類もさまざま。
今回は女性4人部屋にしました。なんと全室シャワートイレ完備。もうホテル。
船内ではレストランやデューティーフリー、バーやカジノ、大道芸までやっているらしい。

シリヤシンフォニー号に乗り込みます。現在pm5:00。

b0009206_22335249.jpg


いざ、スウェーデンへ!船旅はじまりはじまり。
[PR]
by telephonelove | 2010-09-08 22:34 | JORNEY

夜が明けたら

旅に出て何気なく飛行機に乗っている時に思ったことは
明日何があるかわからないということだった。
そんなのよく理解しているような顔をして毎日を過ごしているけれど
よくわかっているはずがない。

ならせめて、今日伝えられることは今日のうちに
好きだと思ったらそのうちに伝えておこうと思う。

前に友達のお父さんが亡くなった時に書いたことがある。


大丈夫、ここにいるから。 落ち込んでも笑かそう。
肩を貸してあげよう。ポジティブな言葉をいっぱい吐こう。
疲れてるなら寝かしてあげよう。
甘いものが食べたいなら
時間を気にしないで付き合おう。

どこかに行きたいと思うなら
車を持ってないから、電車のある時間まで
いい場所に連れてってあげよう。
何も考えたくないのなら考えなくていい。
辛くて辛くて話す元気さえもないのだったら
何もしないで頭を抱いている。
ただ、ここに人がいて救われるのならその人になろう。
大丈夫、何も悲しむことはないよ。
[PR]
by telephonelove | 2010-09-08 03:18 | day

2003'08'25(Mon)

会社の同期の子がマンゴープリンを作ってくれた。
夜食にとってある。

最近よく夜遊びをする。
会社の帰り、温泉に行ったりごはんを食べに行ったり。
朝は辛いけれど夜出歩かなくなったらおしまいだと思う。

夜行性に体がつくられたのか単に夏だからなのか
夏の夜更けは好きだ。
せみが控えめに鳴いて、空気の色がけむっている。
昼間の余韻が残った少し湿度の高い体を取り巻くような空気。

働いたら、いろんな制限があるだろうと思ってた。
でも結局夜も出歩いて、踊りに行ったり音楽を聴いたりしている。
ハードルを作ってるのは全部自分だった。
のろのろと仕事をこなしながら夜の計画が頭を回る。

夜の空気。すいこんでみる。
悲観的な考えは一切ない。
なんでもとっかかりは小さいことなのだ。
[PR]
by telephonelove | 2010-09-06 14:42 | day

<夏旅2>Helsinki→Rovaniemi

2日目、朝ごはんをがっつり1時間かけて食べる。
朝ごはんは一日の源だというのをものすごい実感する。
北欧は海があるのでお魚もおいしい。ニシンとか鮭とか豊富。

フィンランドには公式サンタクロースがいて、ヘルシンキから80キロ上へ行くとロヴァニエミという街があり、
日中はそこでお仕事をしている。
365日会えるということで、ヘルシンキからサンタに会いにロヴァニエミへ向かうことにした。

交通手段は電車、バス、飛行機とあって
電車とバスはどちらも10時間以上かかるということで、今回は時間を優先して飛行機に。
ヘルシンキ中央駅から市バスで空港へ向かう。
そしてフィンランド航空の国内便の小さい飛行機でロヴァニエミへ。

約1時間でロヴァニエミへ到着。
北極圏に近い街だけあってヘルシンキよりも涼しい。
荷物が出てくるところがすでにワンダーランド。
多分世界最北端の動物園がある町だからだと思われる。

b0009206_1362137.jpg


ロヴァニエミ市内へ出るシャトルバスに乗り、市内へ。
空港から市内は30分くらい。バスの運転手さんはみんな良い人。

今日泊まるホテルはその名もHOTEL SANTA CLAUS。
シャトルバスの運転手さんがホテルの前で荷物を降ろしてくれ、いざホテルへ。
着いてすぐベッドで昼寝。起きて我に返り川べまで散歩に行く。
この橋を渡った向こうがサンタ村。

b0009206_222060.jpg


サブウェイでごはんを食べ、ホテルへ戻る。
いよいよ明日はサンタ村に突入!


早く起きたので散歩。
なんてことないマクドナルドだけど世界最北端マクドナルドらしい。

b0009206_11572138.jpg


ホテルに戻って朝はやっぱりがっつり。
思い返せばこの旅の中で一番朝ごはんが充実していた。
鮭はスモークのものがどんと置いてあって、ニシンは適度に甘酸っぱくておいしい。
パンも10種類以上ある。食べたい分だけ切って持って行くシステム。
隣で食事していたお年を召した男性が鮭をおかわりしていてわかる、わかるよと思った。

サンタ村行きバスを本を読みながらバス停で待つ。
ふいに日本人の男の人に声をかけられびっくりする。
ドイツの鉄板料理屋さんで働いていて休暇でフィンランドに来たらしい。

そんなこんなでサンタ村到着。
トンガリ屋根がサンタさんがお仕事しているオフィスです。

b0009206_6302219.jpg


ここに会いに行くとサンタさんがいます。
建物の中はアトラクションのようで、キラキラしていたりしかけがあったりおもしろいです。

建物を上に上に上がると、最後の扉の奥にサンタさんがいます。
サンタさんとハグして会えて嬉しい!と言ったらわたしもだよ、とニコニコしていたよ。
記念撮影をしてくれるのでその後にお願いごとを伝えました。
よし、ベストを尽くすよと言った気がする。

サンタ村郵便局のポスト。
黄色い方がすぐ届けてくれる方、赤い方がクリスマスに届けてくれる方。

b0009206_6545674.jpg


サンタ村は北極圏境をまたいでいるので、北極圏到達証明書とかも発行してもらえるみたいです。

ロヴァニエミは空気も澄んでいて本当に緑や湖がきれいな町で、
今回の旅で一番いい場所だなと思いました。
冬は犬ぞりやオーロラ見学ツアーもあるのでおすすめです。


そんなこんなで無事サンタさんに会え、サンタ村を後にし
再びヘルシンキに戻ったのでした。
[PR]
by telephonelove | 2010-09-04 06:58 | JORNEY


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
day
music
movie
it's me
social walfare
book
buy CD
buy RECORD
LIVE
EVENT
JORNEY
未分類

以前の記事

2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

フォロー中のブログ

カオス主義
Caramel.Mach...
どんとこいこい。~乳ガン...
ぽっか
OPQR 日々

メモ帳

ライフログ

体の贈り物 (新潮文庫)

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧