<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<夏旅1>成田→Helsinki

今回の旅行はフィンランド→スウェーデン→ノルウェーというお隣さんの三カ国を回る旅でした。

成田からフィンランドの首都ヘルシンキまではフィンランド航空で直行。9時間半。
成田にフライングして3時間前に着く。
荷物を預けて空港の中をフラフラ。成田空港は今から行くぞ!という気合が感じられて好きだ。
日本なのに既に日本にいないような気がする所も好きだ。


出国審査を通って飛行機を待つ間に納豆巻きを食べて準備万端。
飛行機は窓側の席。朝の日射しが眩しい。
隣の席に座った人はヘルシンキから乗り継いでルーマニアへ行くと言っていた。
学生の時にルーマニア語を少しやっていたらしい。
フィンランドビールと赤ワインを飲んだら眠くなって就寝。
起きたらヘルシンキまであと1時間半で、ロシアの上空を飛んでいた。

初めて一人で旅行へ行った先はアメリカのボストンで、Newarkで乗り換えがありものすごく心細かった。
それを思うと機上でアルコール飲んで爆酔してもう着いたなんて格段の進歩だ。
そんなわけでヘルシンキ ヴァンター国際空港にお昼に到着。

北欧=涼しいのイメージがあったけれど空港を出た途端暑い。
夏の太陽。
中心地へのターミナルバスの乗り場で日本人女性とお友達になる。
一緒にヘルシンキ中央駅へ向かい、ホテルに荷物を置いて後ほど合流する約束をする。

ホテルは中央駅の裏っかわを少し入ったところで、入り口にテラスがあって
のんびりビールやお茶を飲んでいる人たちがいた。
部屋に荷物を置いて中央駅の待ち合わせ場所へ。
時間を過ぎてからさきほど出会った女の子があわててやって来て、なんとパスポートを失くしてしまったらしい。
大使館と現地の友達に連絡をして、着いた日が金曜日だったので月曜日までとりあえず待つことに。

気を取り直して観光再開。

マリメッコ!

b0009206_0182763.jpg


イッタラ!!

b0009206_0183688.jpg


これどっちも好きな人が行ったらお店の前で卒倒確実。
品揃えが半端ない。富豪だったらこの棚のはじからはじまでとかできるのに!

フラフラしながらとりあえずごはん食べなきゃね。と言って
今夜のごはんはKAHVILA SUOMI(かもめ食堂)に決定。

テクテクと歩いて地図読みが得意な彼女に助けられ、無事KAHVILA SUOMIに到着。

みんな!かもめ食堂だよ!
陽水が聴こえてくるようだ。

b0009206_0184884.jpg


店員さんもとても優しくて、ミートボールマッシュポテト添えと洋梨のシードルを注文。
あとはここに来たなら食べねばならないシナモンロール。

b0009206_0194445.jpg


かもめ食堂はまさに食堂という感じで、地元の人がふらっと来てサーモンやお肉を食べていた。
そしたら突然サーモンを食べていたおじさんが近づいてきて、写真を撮ってあげるというので
ありがたくご厚意に甘えることにした。
一緒に写真を撮ってとお願いしたら、写真映えする顔じゃないからなーと言いながら笑顔で写真に写ってくれた。
彼は神戸に友人がいるのだよと話していた。気持ちよく酔っぱらっていたようで少し話した後帰っていった。

おまけでベリーのデザートを出してくれて、これがまたおいしかった!
良い人、おいしいごはん、おいしい空気、ものすごく幸先がいい。

かもめ食堂を後にしてのんびりと歩いて帰った。
途中で港がちらりと見えた。白夜の街は21時を回ってもまだ明るい。

1日目をお供にしてくれた彼女とヘルシンキ中央駅で別れ、そのままホテルへ。
帰り道どうやらクラブらしきものの入り待ちに遭遇。
ちゃんとおしゃれした女の子やパリっとした格好の男の子の行列。みんな金曜日の夜はいっしょだね。
夜はこれからなんだなーと納得しながら行列の横を通り過ぎ帰途に着く。

ちょっと早いけれど1日目はおやすみなさい。
いよいよ2日目は旅のメインイベント、サンタ村へ向かう。
[PR]
by telephonelove | 2010-08-31 00:11 | JORNEY

チルアウト2010夏

b0009206_22193482.jpg


旅から帰ってきました。

前日の23時までイベントに参加していて、家に帰ってからは
とりあえず忘れてはいけない常備薬や着替えや洗面用品などをスーツケースに詰め終わったのが3時。
翌朝5時半起きだったので夢の中ですでに旅に出ている夢を見ました。


結果は、行けてよかった。

1週間という短い時間でしたが
PCも極力見ずツイッターやmixiとも殆ど係わらない毎日を過ごして散歩をしながら色々考えました。

着いた当初は何も考えずただ街中を歩き、おいしいものを食べ、お水を飲んで寝ていましたが
だんだんと思考回路が動くようになり今なにをしたいか、この先どうやって動きたいか
どうやって働きかけていかなければならないかを考えるようになりました。

仕事を辞めて暫くは思考が止まっていたようで、やっと体と心が連動し始めた気がします。
もう出会うもの出会う人食べるもの、いちいち嬉しくて卒倒しそうでした。


たくさんの人に出会いました。
ドイツに留学していて今は日本にいるという女の人、
フランクフルトの鉄板料理屋さんで料理人をしているという男の人、
かもめ食堂で出会った地元の酔っぱらいの心優しいおじさん、
北極圏に近い街ロヴァニエミで出会っただんなさんが日本人だという年配の女性、
フィンランドからスウェーデンへ移動する船の中で知り合った今日が誕生日だというお母さん、
ユースホステルで出会った学生の女の子、
みんな優しくて笑って出会い笑って別れました。

なんで旅をしたいのかその理由がよくわかった。
なのでまた、こういう旅をできるよう今やるべきことをやります。


さびついていて貧相な英語ボキャブラリーのために伝えたいことが全然言えなかった!
まずは英語だ!
[PR]
by telephonelove | 2010-08-26 22:33 | day

2010/08/20(Fri) ”it's me" at 吉祥寺FOURTH FLOOR

日本に戻りました。

フィンランドは湖と白樺と緑の国で、どこ探してもムーミンがいるようなつくりでした。
スウェーデンはガムラスタンという魔女の宅急便のモデルになった街でロシア人のおじさんにおそわれかけたので
なんとも言えないです。
ノルウェーはすごく歩きやすい街で安心して歩き回りました。


そして今日は邦楽イベント、「it's me」に出させてもらいます!




THREE STARS RECORD presents
「it's me」

08/20(FRI)
22:00-05:00
FOURTH FLOOR(KICHIJOJI)
1500YEN with 1 DRINK


22:00 cub+capi5
22:30 イシバシマリ+ao
23:00 wallflower+ta2low
23:30 watabe+クラモチタロウ
24:00 sonoco+sachie
24:30 gonta+INA FUCK
01:00 cub+capi5
01:40 イシバシマリ+ao
02:20 wallflower+ta2low
03:00 watabe+クラモチタロウ
03:40 sonoco+sachie
04:20 gonta+INA FUCK



気心知れている人ばかりで本当に楽しみです。

大人気イベント、CAViTYのsonocoさん+sachieさん、BtoBは初めて見る!
中毒性があるイベント、SPinASSのwatabe、gonta、
メロウなBtoBイベント、Darlingを不定期で開催しているtacoさん、
普段はカメラマンとして参加していて本日初人前DJのta2lowさん、
cubさんの特訓によりめきめき上手になっているというcapiちゃん、
笑顔が素敵なイシバシマリさん、it's meのtwitter番長 aoさん、
おしゃれパーマかと思いきや脅威のくせっ毛だった主催者のcubさん

BtoBって一瞬の輝きに似ているものがあって
相手が何をかけるかによって想定外のものが出てきたりしていて
見ているのがすごく面白いです。



まだまだ暑い夏、金曜日の夜を涼みにぜひ吉祥寺にお越しあれ!!
[PR]
by telephonelove | 2010-08-20 19:16 | EVENT

いざ

ムーミン谷とかサンタ村とかいろいろ探してきます。
僕らが旅に出る理由は100個くらいあるのです。

今はとにかく嬉しくて、いかんともしがたい。
まだ日本なので油断しています。

あと1時間半後に行ってきます。
アイキャンフライ!
[PR]
by telephonelove | 2010-08-13 09:23 | day

絶賛夏休み

明日から短い旅に出る。

うきうきしてふわふわして地に足が着いていないみたいだ。
どこにでも行ける、ずっとそう思っていた。
でも現実は時間とお金と仕事に挟まれて逃げていた。

大丈夫、大丈夫とどこかで自分が言う。
どこかに行けば誰かに会うし、道がわからなければ聞けばいい。
行きたいと思う方に足を向ければいい。
一番怖いのは、どこかに行く気力がないことだ。

どこに行きたいか、何をしたいか。
自分だけが知っているから赴くままに行く。

7年越しの夏休みがやっと来た。
誰にも後ろめたくない、大手を振って飛行機に乗れる。

諸手を挙げて全感性を受け入れるよう体の準備は万端だ。

叫んで走りたい!
[PR]
by telephonelove | 2010-08-12 14:37 | day

FFFFFF

とある夏の夕方、父から連絡が入った。
吉祥寺で仕事があったから食事をしないかというメールだった。

吉祥寺駅はいつも南口と北口がどちらだったかを忘れてしまう。
バスターミナルがある方で待ち合わせをして、五日市街道沿いのレバ刺しが奇跡のようにおいしいお店へ行く。
ごま油がかかったレバ刺しは吉祥寺の奇跡だ。
ビールで乾杯をする。

彼の仕事の話を聞く。近況を話す。
ホルモンを食べる。これがまた奇跡のようにおいしい。
焼酎を飲む。父は山猿を飲んでいる。
〆は必ずたまごかけごはん。またこれが奇跡のようなたまごかけごはんだ。お腹一杯でも軽く食べられる。なんだろうこれ。

席を外して戻ってきたら、お店の人と今手がけている仕事について話をしていた。
その話しぶりを見ていたら、自分がやっている仕事に対して何の疑いも引け目もなく
本当に向き合っているんだと感じた。そしてそれは今だけじゃなくずっとそうだったのだと
初めて気付いたのだった。

ものすごく忙しくていつもお付き合いで帰りは午前様で、
よく考えてみれば二人で食事をしたことも数えるほどしかない。
どういう仕事をしているかなんて詳しく聞いたこともなかった。

吉祥寺の夜はまだ続く。
大学の時からよく行っていたジャズのレコードが山積みのお店へ移動する道すがら、
目的のお店の向かいのお店によく通っていたんだと父が言った。
そこは古くからあるジャズバーで
20数年前三鷹に住んでいた時期、あちこちのお店にボトルを入れては飲み歩いていたと笑う。
そしてジャズレコードのお店にボトルを入れてくれた。

ウィスキーをがんがん飲みながらピザを食べ
色々なことを話した。
ビートルズの話、好きなジャズの曲、好きな作家、知らないことが酔っ払った頭に染み込んでくる。

一緒に暮らしていた時の方が知らないことばかりだ。
それはきっとお互いさまだろう。

入れてくれたボトルを飲みに行くという口実で、いつまた吉祥寺に行こうかを考えている。
きっと夕方くらいに降り立って中道通りを歩いてダンディゾンへ寄ったり井の頭公園へ行ったりして
暗くなってからが本番だ。
お酒を飲めて幸せだと心底思う。


大事な夏、逃がさないよう一人サマータイムをやっている。
どんなに暑くても夏が好きだ。
去っていくのにこれだけ刹那だと思う季節はない。

どうか逃がさないようちゃんと向き合えますように、
明日もいい音と出会えますように。

明日は起きたら飛行機を予約してお祭りを見に行く。
[PR]
by telephonelove | 2010-08-06 02:48 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧