<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Standing There

誕生日を迎えた。

朝は天気が良くて、三連休の晴れた一日1つ年を取った。
昨日青梅の友人から梅が満開ですというメールをもらっていて
いつでも遊びに来てくださいという連絡に甘えて
午前10時半電車に乗った。

三鷹で中央線快特に乗り換え立川を目指す。
青梅行き電車から更に乗り換え青梅線へ。
目指すは梅郷。

今日は東京の桜の開花日だけど、青梅はまさに今が梅の満開で
空気は澄み切っていた。
汚れが微塵もないクリアな空気だった。

日向和田の駅から梅郷を目指す。
距離は1.5キロくらいだ。
ひんやりと冷たいけれど空気がきれいだから軽い。
サクサク歩く。

友人の家で柴犬の赤ちゃんが生まれた時
大学を卒業したてのことだった。
3匹生まれたうち、1匹をうちで飼わないかとのありがたい提案を
家族で話し合って家の家族に迎えようという結論に至るまで
そんなに時間はかからなかった。

冬のきんと寒い日に電車に乗り
同じように友人宅までの坂を上り犬を迎えに行ったのだった。
友人のご家族が家まで送り届けてくれる車中、
何も知らない小さい犬は窓の外をずっと見ていた。

柴犬のお母さんは相変わらず優しくておっとりだった。
顔が似ていて親子ってやっぱり似るんだなと思った。
縁側で犬と友人のお母さんと話をした。
暖かい日差しと犬と梅とたくさんの観光客の人。

おいとまして梅の公園を散策した。
階段をまたぎ道をそれたベンチで一呼吸置く。
目の前20センチには今が盛りの白い梅の枝が伸びている。

19歳から20歳になる時はいやでいやで
カウントダウンをして過ごした。
カウントダウンの日々は切ないと今は思う。

帰り道は甘酒を飲みながら大股歩きで駅へ向かった。
甘酒を初めて飲んだのも青梅に来た時だった。
大学を卒業したばかりの春、友人に青梅を案内してもらい
やっぱり同じように梅の公園に行き、甘酒を飲んだ。


そうやってちゃんとつながっていくことに感謝をしている。
見失わないように目を見て
その先を見たい。



b0009206_18344464.jpg
[PR]
by telephonelove | 2010-03-22 18:30 | day

2010/03/19 Exit Music at 渋谷Edge End

エキサイトでロックンロールなミュージックでした。

なんだか痩せてかっこよさ二割増しのhideさん、
DJはかっとばしていて少しセンチメンタルで切なくなるわきさん、
2人のご厚意に甘えてやりたい放題やらせてもらいました。

仙台からずんだもちをおみやげに持ってきてくれた優しいよしえちゃん、
DJ対決なんて恐れ多い提案をしてくれたちゃーりーさん、
新生活で忙しくて大変なのに来てくれたのりこちゃん、
いつ会っても素敵な女性で憧れの固まりのちほちゃん、
そして音調整から手拍子まで、いつもサポートしてくれる頼れるハラさん、
みんなみんなありがとう。

セットリストです。

21:20-22:00
1.春の歌/spitz
2.初花凛々/SINGER SONGER
3.Shake your hands/ohana
4.ミュージック!/曽我部恵一
5.The Moon At Dawn/riddim saunter
6.A.B.C.Disco/the telephones
7.あと10秒で/ART-SCHOOL
8.そりゃそうだ/100s
9.World Tower/lights
10.Starlight Waltz/RYUKYUDISKO feat.多和田えみ

Last Dance
1.CRAFTY Andy Green mix/New Order
2.If I Ever Feel Better/PHOENIX
3.君という花/ASIAN KUNG-FU GENERATION

ヒデさんがアンコールでくるりのロックンロールをかけた時
ベスト盤の中から今一番聴きたい曲だったから本当にアメージング!と思った。
わきのバンド、lightsの曲がかけられて嬉しかったです。

アジカン最高!
[PR]
by telephonelove | 2010-03-22 09:53 | EVENT

2010/03/19 Fri. "Exit Music" at 渋谷Edge End

Exit Music ( for a BAR style )vol.43
■2010/3/19(fri) 20:00 Open

■Shibuya Edge End
 http://www.edgeend.com/
 TEL 03-5458-6385

■DJ/ hide, waki, mizukashi

★Guest DJ / wallflower (Re:Supercar Style / Floor Extra)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4239460

■VJ/ masuda(Lights)
http://www.lightsweb.net/

■Charge/ 800yen(w1drink)

■ExitMusicコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3155061



月に一度の金曜日イベント、ExitMusic。
Floor Extraでもおなじみのわきさん、白シャツ姿でのDJがやけにさまになるhideさん、
大好きな2人の主催するイベントに呼んでもらいました。

Edge Endは初めてでも落ち着く適度な広さ、何より人があたたかいです。
チャージは良心的すぎる800yen/1drink。


原点に還って甘くて春の夜のような明日が明るくなる曲をかけます。
三連休前のウキウキした空気を引き連れて、ぜひ遊びに来てください。




大好きなNujabesが、2月に交通事故で帰らぬ人となりました。
明日の夜の乾杯はNujabesに捧げます。
少しでも彼に届くことを信じて、彼の周りをこれからも音楽が囲みますように。
[PR]
by telephonelove | 2010-03-19 02:28 | EVENT

今日はうそみたいに
春が来たよ春が来たよと春が自ら手を上げて名乗り出てきたので
土曜日のお休みに午前7時に起きていた。

洗濯は寝る前に予約をしていたから完了していた。
朝ごはんを2回分位1時間かけて食べて
春が来たからサニーデイサービスの東京をかける。
ダンディゾンに電話してアカネを取り置きしてもらって
食堂かたつむりを読んでいたらIKEAから荷物が届いた。
説明書と工具を片手に棚の組み立てにかかる。


午後を回って吉祥寺へ散歩に行く。
井の頭公園は人が鈴なりで自転車が沢山停めてある。
分園まで行って象が元気で安心する。
桜まであとわずか。ほんの少しだ。

ダンディゾンで受け取ったアカネを早速食べながら
サトウのコロッケの行列を横切って吉祥寺の駅へ向かう。
手土産はレピキュリアン。

夜は阿佐ヶ谷でフェイマスグラウスを飲んだ。
焼きカレーを食べながら余りにも気持ちよすぎる音楽は
シュガー・ベイブだと知る。

家に帰ったら来週出るサカナクションのアルバムの
全曲試聴をUSTREAMでやっていて
初めてUSTがすごいと思った。
発売前の音源が本人達がいる場所でかかっていて
メンバーが何より楽しそうで世界中の人がその現場の様子を今共有している。
今日はすごい夜だ。


感動が多くて深呼吸ばかりしている日だった。
内臓までこの春の吉祥寺の空気が行き渡るように
立ち止まっては繰り返し呼吸を意識した。


音楽。食事。晴れ、考えることをぶらさげて歩く。
[PR]
by telephonelove | 2010-03-14 03:09 | day

2010/02/26 Floor Extra vol.2 at 渋谷DESEO

2010/02/26 金曜日の渋谷の夜。
待ちに待っていたのにまだ現実感が沸かない。

雨で渋谷DESEOの前の階段で転んだ数秒後
aMのカナイさんがDESEOの前に車を止めた。
機材をDESEOの横に運び込む。

1000sayが到着して、さっそくラウンジにアンプや楽器を運ぶ。
休む間もなく目まぐるしく車とライブハウスを行ったり来たりする。

NIRGILISが到着し、ご挨拶を交わす。
メインフロアでは人が小走りで色々な機材をセッティングしている。

スーパーカーが解散して5年。
その音がなかったらここにはいなかった。



ラウンジが23時半を少し過ぎてオープンし、雨の中を沢山の人が続々と来てくれた。
アルコール片手にスーパーカーでお客さんが踊る。


1000sayは今日のライブ1発目で、本当にキラキラしていた。
1000sayを聴いたことがないお客さんもラウンジに戻ってきてみんな高揚していた。
すごくいい!かっこいい!を連発していた。
みんな笑顔だった。
裏でDJをやっていたので残念ながら見られなかったけれど、友達から話を聞いて
自分で見たかのようにテンションが上がった。

NIRGILISのライブは後ろで見ることができた。
びっくりするほどパワフルで、あの小さい体のどこにそんなエネルギーを抱えていたんだろうと思う位
アッチュの声ははっきり聞こえて、そして何よりかっこよかった。
大好きなNew OrderのKRAFTYをフューチャーした曲がやっていて、
思わずDJとNew Order!と言って笑顔になった。
すごいしか感想が出なかった。

aMは、言葉では何も言えない。
できればポケットに手を入れて目をつむってフロアのど真ん中で聴いていたかった。
どんどん広がる世界に飲み込まれるがまま、何時間もそうやっていたかった。
コーダイとミユキさんの重なる音がゆっくりになって終盤へ向かっていくその間も
ステージが終わってしまうのが惜しくてまだ終わらないでと思っていた。
aMが目の前にいた。


明けて2月27日はコーダイのお誕生日で、みんなでお祝いをした。
コーダイの元へ届けるまでにロウソクの火が空調で消えてしまったけれど、
もう一度火をつけて、みんなでハッピーバースデーを言った。


夜は思い返すと本当に一瞬で
こんなに沢山の出来事があったのに、息をつくひまもなく朝になっていた。
色々な所から人が集まって、スーパーカーで手を上に上げて踊って
乾杯に乾杯を重ねて幸せがここに詰まっていた。


雨の中ご来場いただき、本当にありがとうございました。
写真をmixiにアップしました。
写真を見ると、来ていただいた方が本当に笑顔で、そして気持ち良さそうで
その顔を見るだけでイベントの意義はあると思いました。
皆さん、ありがとうございました。


こんなに幸せな場所でDJをやらせてくれてありがとう。
オーガナイザーのしんくさんに感謝とビールを。
自分のバンド、Lightsの曲をいい時間にかけたわきさんに拍手を。
のんびりしていそうで地に足がついている頼れるRe:Supercar Styleの相方Daiに握手を。
大阪から駆けつけてくれたチームVJ、班長さん、masuda君に心からありがとう。

ムードメーカーで誰からも好かれるエイジさん、
自分のかけたい曲をかける姿勢が素敵だったタカヒトさん、
横に立っているだけで頼もしいタクマさん、
大好きな6人のDJ、ありがとう。


この分けてもらったキラキラを
財産として次のFloor Extraへ繋いでいきたいと思います。

本当に素敵な夜をありがとうございました!


セットリストです。

Lounge 1:20-2:00

1.ワンダーフォーゲル/高野寛
2.Am I Confusing You?
3.Flicker
4.All You Need Is Love/iLL
5.stop me/NONA REEVES
6.DRIVE
7.tomorrow/COSMETICS
8.DANCE IN THE SEVEN DAYS/1000say
9.sunday people
10.MOTORBIKE
11.Love Foever


Main 04:30-

1.RECRIATION
2.PLANET
3.Free Your Soul



b0009206_2172152.jpg
[PR]
by telephonelove | 2010-03-03 02:18 | EVENT


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧