<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日日是好日

引っ越しをした。
たくさんいるものがある。
窓を開けると隣の生活音がする。
みんな生活している。

そういう、ごはんを作ったり
洗濯をしたり当たりまえをこれから噛みしめていこう。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-27 22:58 | day

わたし雨はきらい

iPhoneにしてからメモをよく取るようになった。
なんでもないことを書く行為を忘れていたなと思う。


フジ組は今日から苗場で、これからmixiの新着日記はフジ一色になるだろう。
晴れた夜空でたくさんのハッピーピープルが踊れますように。

世紀の天体ショーは東京の空からも少し拝めた。
体感温度だからわからないけれど、涼しくなったような気がした。

空のことは空まかせだから何が起こるかわからなくて
でも何十年に一度というのが予測できる技術がすごい。
天気予報なんか毎日変わるけれど毎日外れるのに、
毎日のものだから逆に難しいんだろうか。

着々と新しい生活の準備が進んでいる。
新しい街にはおいしい餃子屋さんがあるらしい。有力情報!
淡々と探そう。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-25 00:56 | day

愛すべき酔っ払いと彗星

人生で初めてビヤガーデンに行った。
大好きなDJ達と友達とうわーっと集まって渋谷のデパートの屋上で
ピッチャーを頼んでビールで乾杯をした。

人数が多いからはじからはじまで誰がいるのかは最初わからなくて
だんだん席替えが始まる。
なんの仕事をしているとか歳だとか既婚か未婚かとか
社会人が社交事例で聞くような情報が一切欠落している。
それでたまにそういう話しになると驚く。
みんなちゃんと社会人もやっている。

飲んだくれは二次会になだれこみ
暑いからビールが進むという正当防衛の元もう一度乾杯する。
みんながみんな素敵ですばらしくて繋がっていて
縁を運ぶ神様がいるとしたら手を握りしめて感謝したい。

降って湧いた貴重な代休の昼ごはんは
出向先の残業の合間で食べて以来の四年振りの天下一品で
やっぱり二年に一度食べたくなる味だと思った。

これから家賃とかを振込みに行く。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-17 12:54 | day

ツーカーの合図

新しい生活を始める準備をしている。

どのCDを持っていこうとか、家電は何が必要だとか
価格コムや無印オンラインとにらめっこをしながら考えている。
みんな一人暮らしをしている人はそうなんだろうか。

音楽が流れていて、冷蔵庫には食べ物と飲み物と少しのお酒があって
そんな当たり前の生活がいい。

あとは自転車があれば最高だ。

リストに書き出す。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-12 03:29 | day

Thankyou for our Darlings!!!

7月4日の土曜日の夜は三軒茶屋ChromeでDarlingというイベントでDJをやりました。

DarlingはBtoBという、2人で交互に曲をかけるスタイルのイベントで
相手が次に何をかけるか全くわからない状態でもちろんセットリストもなしです。
一触即発な感じが本当にわくわくします。

今回もそうくるか!の連続で本当に楽しかったです。
一緒にやってくれた2320、PCTの関山君
新しい音楽をありがとう。

01:00-01:30 /2320
風になりたい/THE BOOM
summer time love/m-flo loves 日之内絵美 & Ryohei
Shangri-La/電気GROOVE

01:30-02:00/関山雄太
Walkin',runnin',singin',fightin'/BREMEN
Good Dreams/the Pillows
Sunset Blvd/pacific!



今回もオーガナイザーとして色々な立ち回りをしてくれたtaco君に感謝します。
9人のDJと2人のVJ、そして何よりお客さんに感謝を。
あちこちでおごり合いが始まったり、アイスクリームに泡盛をかけたのと
アイリッシュクリームをかけたのがおいしくて新発見だったり
短冊に願い事を書いたり、時間が過ぎるのがとても早い夜でした。


明けて朝、ハレルヤトラベラー主催のごみ拾いに少しだけ参加させてもらい
こういうことをためらわずにやろうと言える雰囲気があるっていいなと思いました。
偽善ぽくも押し付けがましくもなく、単純にいつもお世話になっている街
三軒茶屋に恩返ししようという思いが伝わりました。
普段全然気にしていなかったのに、目線を下に落とすだけで
たばこごみが多いのが気になりました。


世田谷線の小さい車両に乗って、朝の世田谷区をゆっくり見ていて
これから1日が始まるなんていい時間に電車に乗ったものだと思った。
電車の中は電車ごと眠っているんじゃないかと思うくらいに静かで
小さいながらもちゃんとレールの上を走るその音だけ響いていた。

安心してぐっすり眠ってフレッシュネスのデリバリーを食べて
エヴァンゲリオンを観てそしてまた眠った。
帰り道すがら一風堂で夜食を食べた。
10年分くらい眠った気持ちだった。

日々はちゃんと輝いていて正しく朝と夜を迎えている。
ガラスで切ってしまった指は日に日に傷がふさがっていって体の治癒力に感心する。
車の中には赤いタンバリンが流れている。

なんでもないかけがえがない。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-07 02:45 | EVENT

カミングスーン

b0009206_15203185.jpg

洗濯物の山の中からかぶと虫が出てきた。
ものすごくしっかりした足取りで大自然の中に帰って行った。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-04 15:20 | day

驚きの白さ

6月にやったイベントの打ち上げをやった。
仕事が終わった順にいつものお店に集まる。
一人また一人、DJの時とは違う仕事着だ。
その真ん中にはまだ信じられないけれど
高校生の時自転車でかっとばしながら聴いた歌を書いた人がいた。

高校生の時もその人達の曲を聴く時は
いつも青い空をイメージしていた。
えんえんと長く真っ直ぐに伸びる道を自転車で飛ばすイメージを想像しながら
駅までの歩道をMDを聴きながら通学していた。

青い空のイメージは
今でもはっきりと思い出すことができる。
高校生の時、その疾走感は衝撃で
それからどこに行くにもその音楽はかかっていた。

東京の繁華街の居酒屋で
よく笑ってよく食べてよくしゃべった。
きっと高校が共学だったらこんな感じだったんだろう。
とりとめがない話を何時間もしていた。

こんなに雨が続いても、
この夜を思い出すだけできっと笑う。

音がさびれないのと一緒、
青い空はまだここにある。
[PR]
by telephonelove | 2009-07-03 01:45 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧