TGIF

とある晴れた夏のお昼、
夏休みの友達と会社の近くでランチをした。
この「ランチをする」という語感がみそだ。

普段働いているオフィスの周りは飲食店が少ないから
外で友達と待ち合わせてお昼にごはんを食べるなんて想像しなかった。
今の仕事場は都会のど真ん中で
コンビニエンスストアもコーヒーショップもすぐ手の届く範囲にある。
やっぱりそれは便利だ。
なぜなら食後にアイスカフェオレを飲みたくなっても2分で行けるから
そういう時に便利さを感じる。

席は窓際の席で太陽の陽が差し込んでいて、
はるばる遊びに来てくれた友達は全く休みの日に会うのと変わらなくて
嬉しいニュースは何よりのごちそうだった。
もちろんごはんもおいしかった。

友達を地下鉄駅入り口へ見送った後、ゆっくり仕事場へ戻る。
その道すがら突然アイスカフェオレが飲みたくなり大きな通りへ引き返す。

なんでもない事がなんでもなくて
身近だと思ってるものは本当は身近じゃないと最近気付いた。
そして今、急速に近しくなっている人との着実に理解していく感じを噛み締めている。

だからやっぱりここに来られて良かった。
そして今が夏で良かった。
四季の中で一番愛する季節だ。
[PR]
by telephonelove | 2008-08-16 03:27 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧