フュージョン、夏の井の頭線

自分に似ている人が世の中に3人いて
自分にそこそこ似ている人が世の中に何人いるのかわからないけれど
多分それに近い一人に会った。

他人だけど大体好きな感じがわかる。
音や食や好きな場所や何も言わなくてもなんとなく知っている。
でも、自分が男だったらこんなに純粋で素敵ではない。
そこだけ違う。
あとは大体一緒。

夏の夜、井の頭公園。
そんな話をしていた。
もちろん手にはドナテロウズのジェラート。にわか雨は木が守ってくれる。
せみがわんわん鳴いて歌い人がギターを奏でる。
青春ってこんな感じと思った。
不思議な夜だった。
[PR]
by telephonelove | 2008-08-13 12:53 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧