keep walking,keep talking

大学の友達が東京を離れることになった。
しばらく会えなくなるので集まった。

別れという感じは全くなくて、明日にでも会えるような口ぶりで
じゃあまたと言った。

去年の秋に軽井沢へ遊びに行った。
これ以上ない程の行楽日和で、冬へ向かう手前の晩秋の秋の空は高くて
落ち葉が地面を覆っていた。
自転車を借りて軽井沢の街へ出た。
別荘地を抜けて林の中を進み、駅前へと戻った。
なんでもない事を案外よく覚えているものだ。

大学が学生という生活ステージで一番幸せで
彼女達にはよく助けてもらった。
個人主義だけど困った時には助け舟を出してくれた。
友達には恵まれている。

riddim saunterを聴きながら緑茶を飲んで
明日からの仕事に備える。
チェコの友達はきっと今頃仕事が終わって帰り道で
台湾の友達はシャワーを浴びて寝る所で
離れていると時間というのがとても不思議に思える。
みんなどこかで生活をしているのだとふとした時に考える。

調子はどうだい、また会う日まで。おやすみなさい。


b0009206_19285.jpg
[PR]
by telephonelove | 2008-05-28 01:37 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧