おめでとうはかならず

10歳の時から知っている幼なじみが一足早く大人の階段を登った。
ゴールデンウィークの中日、お天気はものすごくいい。

昼も夜もないくらいに忙しくて細い体で倒れそうだけど
案外タフでいつもおどろく。
めったに会えないけれど、会うとこんな感じだったなと思う。
やっとこ上着を着なくても寒くない気候になった。

ビールを飲んで早い時間にごはんを食べ、
今年の抱負を聞く。
今年の抱負は?と尋ねたら、
昨年は忙しすぎて人に会えなかったから
一人でも多く笑かしたいと神妙な顔で言った。

なぜかお誕生日のお祝いのはずなのにごはんをおごってもらい
早い時間にお店を後にした。
お誕生日プレゼントには時計をあげた。
細い手首には緩かったけれど、長さの調節の仕方を
時計を買ったお店のおにいさんが教えてくれたので、
そっくりそのまま伝えた。

ここからまた10年20年、毎年お誕生日をお祝いできるんだろうか。
どこにいようと何があろうと
今までみたいに当たり前にお誕生日おめでとうを言いたい。

お誕生日がおめでたくなくなるのはいやだから
せめて毎年 1年分の感謝を
メールだろうが電話だろうが
どこにいても伝えようと思った。


毎年ありがとう。
[PR]
by telephonelove | 2010-05-05 00:13 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧