鈍行列車

心底寒いと今秋初めて感じたのでお風呂にお湯を張った。
冷えていたお風呂場がゆっくり暖かくなっていく。

勉強を始めようと思って人の助けを借りた。
一日にそれのために時間を割いて何かを学ぶということは
飲食と同じ位貴い時間だと思った。

覚えるってこんな感じだった。
シアトルにホームステイをした時、周りの大人は
何をしても何を話してもまずほめてくれた。
だから伝えたいと思った。

湯船に浸かった体は芯から発熱している。
雨の音しかしない夜、逡巡の先には未来がある。
[PR]
by telephonelove | 2009-10-27 00:13 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧