2009/05/16-17 Rock on the Rock 09 Sun.

朝起きて、少し漫画を読んで
朝ごはんは堂島ロールとくず餅。
頭がよく回っていない状態で食べた堂島ロールはなんだかすごすぎた。
なんじゃこりゃーと言いながら朝からテンションが上がる。

外は曇りで雨は降っていない。
12時のSAKEROCKに間に合うために早めに出発、
どうか今日は雨がひどくなりませんように。

会場に着いても雨はまだ降っていない。
天性の晴れ男ことSAKEROCKのステージが始まっていた。
ハマケンの相変わらずのトークを挟みながら、明るいようで少しホロリとする。
空は雲が切れて少しだけ日が射す。さすが晴れ男!
スペシャルゲストにEGO WRAPPIN'からボーカルの良恵さんが参加し
「スーダラ節」を歌う。
スーダラ節はこんな大人の歌だったのかと今さら気付く。鳥肌が立つほどいい。

海が目の前にあるというものすごく恵まれたロケーションで
今日は風も止んでいて砂浜まで降りられる。
合羽を着た大人子どもが海べりではしゃいでいる。

砂は熱くなかったけれどサクっと足を踏み入れた瞬間から嬉しくて
その踏み心地に夏を感じる。
クロックスのまま波の間際まで歩いて足を洗った。
自由を感じた。


思い思いにごはんを食べて、少し休憩をしたらつじあやのが始まった。
おだやかでのんびりで通る声をしている。
フィッシュマンズのカバーではじんわりして、歌詞をよく聴きながら歌を聴いた。
大きい岩に囲まれたメインステージでは秦基博が歌っている。
初めて生の声を聴いたけれどすごく声量があって伸びる声だった。
ギター1本で歌う姿は潔かった。

SCOOBIE DOはみんなパリっとスーツ姿で
どんどん観客が増えていく。よくしゃべり、よく踊る。
ステージと観客のぎりぎりのラインでギターを突き上げる。

ALOHAの心地いい音楽を聴きながら今日の目玉、グッドラックヘイワ!
柿ワインと梅酒が入った体には気持ち良すぎて半分眠りながら聴く。
立ったまま寝ていた。

メインステージではEGO WRAPPIN' AND THE GOSSIP JAXXが始まっていた。
あの小さい体のどこにそんな声が詰まっているんだろうといつも感心する。
パワフルでアグレッシブでできるだけ前へ前へ。

気持ちよく踊った後には、大トリが待っている。
今年の大トリは曽我部恵一BAND。左前方へ移動して踊る準備は万端だ。
しょっぱなから青春狂走曲、キラキラ!5月になると彼女は、海の向こうでと
何も考えずにそのキラキラ具合を受け止める。
踊る足は止まらない。

あの有名な語り口で始まるテレフォンラブが始まって、
岩山を背に嬉しそうに語る曽我部恵一につられて会場全体が恋をしているような雰囲気になる。
STARSで一旦引き上げた後、アンコールで魔法のバスに乗って。
周りを見回したらみんな笑顔で、
ビールのプラスチックコップを片手に目をつむって聴き入る人や
楽しい気持ちを爆発させて踊る男の人や、友達同士で笑いながら踊る女の子や
小さい子どもを抱えて左右にリズムを取りながら見ているお母さんや
みんな幸せな顔をしていた。


踊りつかれて気付いたらもう終わってしまっていて
海岸を通ったら蛍光塗料のような色に海が光っている。
それが夜光虫だというのを初めて知った。

砂を海に投げると青く水が光って、不思議でしょうがない。
何かのアトラクションみたいに水がぴかりと光る。
せーので砂を投げようぜと誰かがかけ声をかけ、せーので砂を海に投げる。
広く長く海面が光って歓声が上がる。


お天気に恵まれたとはとても言えないけれど
それでもやっぱり来年も来たくなるんだろうなと思った。
フェスのゆったりした空気とビールを想像してまた呼ばれるんだろう。

帰りは車に便乗させてもらって、途中浜名湖のパーキングエリアでうなぎを食べた。
車を運転したいと思った。
懐かしい音楽と共に車は関東を目指す。


音楽がここにあって人がいて繋がっていって今ここにいる。
それは人生の中で一番の奇蹟だ。
やっぱり音楽は魔法だった。







[PR]
by telephonelove | 2009-05-20 03:09 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧