燦燦ビールと蛸

1年と少し働いた東京を離れてまた違う場所で働いている。
東京にいた時は見渡す限りビルでそこで暮らしている人よりも
電車で通勤してその街に仕事をしに来ている人の数の方が多かった。
お昼は少し早く抜け出して老舗の魚屋の昼食に小走りで行ったりした。

今仕事をしている場所は新興住宅地で、
同じ高層ビルでも全てマンションだ。
駅のぐるりを取り囲むようにショッピングのためのお店が立ち並ぶ。
お昼休みは短いので手近な場所を探して行く。

新しい人達と出会い、新しい環境で新しい仕事をする。
どんどん新しい情報が流れる。
怖くないといったら嘘になるけれどそれでも知りたいと思う。
仕事ができる人と仕事をしたい。
そして今までは知らなかったけれど仕事をできる人はどこにでもいる。

できないと思う時間があるならできる方法を考える。
人が造ったものを理解できないわけがない。
外に出てわかったことは
全ての壁は自分で無意識に自分の周りを取り囲むように張り巡らせているものだ。
ようはそれを取っ払えばいいのだという事だ。


闘うのは困難な時、東京での生活を思い出す。
新人の時に夜な夜な行った作業が今の役に立っていたりする。
ちゃんとめぐりめぐって肥料になっているんだと今になって気付く。

だから止まらない。
東京の空、八重洲口のターミナル、幅の広い道路、
その世界を知って良かった。
知らないより知っている方が断然いい。
[PR]
by telephonelove | 2008-12-18 02:34 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧