早緑

価値観を変える事は難しい。
自分はどんどん歳をへて行くのに
探し求めているものが変わらないと、何が欲しいのかを見失う。

そうすると
楽しむことを忘れていく。
それが幸せだと信じて疑わなくなり
新鮮でおいしいものが
生気を失いしなびていくのを見ているだけになる。

日本は
誰かの目を気にして生きなさいと学校で教えられる。
突出するのは悪目立ちと叩き込まれる。

世界に出たら?
没個性と見られ、スポットライトは当たらないままだ。
自分から手を上げない人に指される順番は来ない。

どこへ行くか、どうやって生きるか
少しずつ霧が晴れていくように見え始めている。
手探りでいいから
しっぽを掴んで
たぐり寄せている。
[PR]
# by telephonelove | 2014-04-28 01:37 | day

チャンス

今を大事に生きようなんて
何万回言われても心に響かないけれど、
家族や好きな人を想像する。
そんな単純なことが一番だ。

簡単な事が実は一番簡単ではないということを
どうしても忘れている。
山手線で隣の人の傘が膝にふれただけで悲しくなるし
打ち合わせが少し本題から逸れただけで時間を逃した気分になる。

そんな事で体をすり減らしている場合ではない。
それが当り前なのか
もう一度見つめることだ。

愛している物事が増えるから
それを慈しみ育てたい。
[PR]
# by telephonelove | 2014-04-22 01:41 | day

それは明かり

それは希望で
誰にも支配されず
伸び伸びと育つものだ。

誰の感情や興味本位にも
自分の弱さにも振り回されず
日々愛し守るものだ。

感性を忘れてはならない。
[PR]
# by telephonelove | 2014-02-12 00:26 | day

Yellow

音楽が美しすぎて
首を上に伸ばしてイヤフォンをして聴き入っている。
[PR]
# by telephonelove | 2014-01-08 23:29 | day

Be serious

Nobody else, nobody someone, especially to be myself.
[PR]
# by telephonelove | 2014-01-05 17:06 | day

動いて動いて

2013は動いた。
自らではない何かの力が働いていたと振り返ったら言い訳のように思う。

師走に入ってから
11月までの分を取り戻すかのように動いた。
面白いの、面白くないの、どっちなの。

大体において
面白くない時はそちらに転ぶのに気付いていない。
面白いか面白くないかすら考える判断能力が無いからだ。

12月からようやく怠け者の穴から抜け出し
走り出した。

気付いたら走るだけだ。
止まらない。
[PR]
# by telephonelove | 2014-01-02 00:08 | day

#f19072

静かで
犬の寝息のみが聴こえる。
両手で固めた雪玉みたいだった感情が
液体になって溶け出すのを感じる。

感性を押し込めるのは
気付かない間にそうなっているもので
それに気付いた時には既にガチガチに凝り固まっている。

空の静かさや
銀杏の中黄の色
垣間見える美しさ、日々は色鮮やかで静かだ。

2013年も師走になって
ようやくスタートラインに立てた気がする。

世の中には嘆くような事ばかりだと
満員電車に揺られているといつも思いがちだけれども
それは人ごみを上から見ている神様の思うつぼだ。

冬の静かさ
今日もオリオンの三つ星はきっかり見える。
家は都心からは少し離れているけれど、空気が澄んでいて
感性が呼吸をしている。
[PR]
# by telephonelove | 2013-12-07 23:52 | day

喝采

インターネットが繋がっていない生活をかれこれ3か月している。
特に不自由はなく、携帯電話の機能の詰まり具合に感心している。

安心を買ったような生活をしている。
面白い仕事に就き日々色んな人に会っている。
前より駅から歩くけれど広い場所へ越した。

だけど昨日気付いた。
何も面白くない。
安心な生活は安泰だけど、面白い方に流れたい。

携帯から音楽を大きな音で鳴らしながら、片付けをした。
引越しでそれは様々な物を捨てたけれどまだまだ足りなかった。
いらないものがよくわかる。

必要ない物ばかり持ち歩き
必要ないおべっかを使い
必要ないネガティブな感性を着るのは
なんてがんじがらめなんだろう。

ここからまた。
[PR]
# by telephonelove | 2013-10-11 02:08 | day

手と日本語

日本語を使えるように他言語を使えたらと思う。
どうやって世界中の人が難しいという日本語のてにをはを吸収したのだろう。
こうやって普段しゃっべている感じで英語を話したい。

久しぶりに再会した友人は
やはり誰の代わりでもなく、自分の意思でそこにいた。
こんなに自分のありのままで立っている人は見たことがなくて
いつもはっとする。
まだ見ていない世界は見えないものだと思って
楽な方に進んでいないか。

静かな気分で考えに没頭したい時に必ず行く場所があって
穏やかに晴れ上がった日曜日の今日バスに乗って出掛けた。
額に手を合わせて自分の中に中に落とし込むような気分で考えた。

こんなの見たことがない位に立派に大きく成長したとかげが後ろを走っていった。
びっくりして緑光りする背中を見つめた。
一瞬歩みを止めた後、すばやく石と石の隙間に走り去った。

青い空を見上げ、足元の草をむしった。
結論は出ないし結果はまだ見えないけれど
聴こえてきた声は「大丈夫、進みたい道を進みなさい」と言っていた。

何がしたい、何を見たい。
目をつむっているその間に時間は走る。

どうしたい、どこで何をしたい。
問うている。
[PR]
# by telephonelove | 2013-04-29 01:39 | day

2013 春

旧暦では2月は春だ。
今日は昨日までとうってかわって気温の高い日。
これはジェラートを食べに行くべきだ。

北欧の人は冬の日照時間が少なくて
太陽がとても大切だという。
明るい色や柄のテキスタイルが大事にされてきたのも
全てが眩しくてきらきらしている夏を待ちわびて
冬を越えるための知恵なのかもしれない。

冬は好き、だけど夏の方が何倍もいい。
今年の夏はどこへ行こうか。
ラジオを聴きながら考えよう。

暖かいというのは
それだけで軽い気分になる。
[PR]
# by telephonelove | 2013-02-02 12:38 | day


NO MUSIC,NO LIFE


by telephonelove

プロフィールを見る
画像一覧